人が怖くて常に緊張してしまうのって辛くない?コミュ障の内心を晒す

こんばんわ、まーそんです。

 

コミュ障って基本的に人が怖いです。

相手にどう思われているか、とか、こんな自分で人に見捨てられないか、とか常に恐怖心を抱えて生きています。

 

会社の休み時間なんて、心も身体も休めたもんじゃないです。”人の目”がある限り緊張から解かれる事はないですからね。

 

コミュ障(僕)が人が怖くて緊張してしまう瞬間を題材に、ご紹介しますね。

 

コミュ障にも色々あるけど僕はこんなタイプ

 

  • コミュ障の自覚が高い割に、周りから普通に見られている
  • 人に頼みごとが出来ない
  • とりあえず愛想だけは良いがメンタルは常にボロボロ
  • 無言の空間に耐えられない
  • ”おはよう”のフレーズにすら緊張する

 

今思いつくのはざっとこんな感じです。

この特徴をベースに記事を読んでもらった方がイメージしやすいと思います。

 

こんな時に人が怖いって感じるよ

雑談

雑談ってめちゃくちゃ怖くないですか?

まるで自分という人間を推し測られているかのように感じてしまいます。

 

しかも、周りのみんなは自己開示を挟みつつ楽しそうに話してるし、”神の所業”にすら思えます。

 

話題なんてないし、あったとしても相手の貴重な時間を割いてまで話そうとは思えません。特にそれが目上の人とか、人生楽しんでる”キラキラした人”だとかだとま〜無理ですね。

 

なんかもう無条件に申し訳なくなる。こんなつまんない自分の話聞きたくないですよね?ってなっちゃいます。

 

かといって無言な空間には耐えられない。もう逃げ場ないですやん。

 

仕事の依頼はホラー級の恐怖

 

仕事を頼む時は怖いですよね。忙しそうにしてたらなおさら頼みずらいです。

 

しかし、頼まないと自分の仕事が進まなくないり、結果としていろんな人に迷惑がかかってしまう。これまた逃げ場がない。

 

仕事を頼むって別に”頼む内容”は関係なく頼みずらいんです。例えば書類にハンコを押してもらうだけの、一瞬で終わる事ですら気が引けます。

 

”集中して仕事してんな〜、今辞めとこ” みたいなね。

 

これは謙虚さとか気遣いとかそんな生易しいものではなくて、「恐怖」なんですね。嫌われるとか、気を悪くしないかとか、普通に考えればそんな事ねーだろって事が頭をよぎります。

 

ハンコなんて2秒で終わりますからね。どんだけ想像力豊かなんだよって話ですw

 

飲み会に参加するとライフがゼロになる

 

『もうやめて!とっくに羽蛾ライフはゼロよ、もう勝負はついたのよ!』

 

飲み会はあの時の遊戯かのごとく、僕のライフ(精神)を削って行きます。しかもライフがゼロになっても終わらない。

 

まー控えめにいっても地獄ですよね。雑談が無理なのに飲み会なんてボブサップと喧嘩して来いって言われるくらい無理。

 

とにかく静かにしてるしか無いですね。話聞いて愛想笑いかまして、ニコニコするだけ。その笑顔の裏には壮絶な心の葛藤が、ドラマがあります。

 

ならなんで飲み会に行くのかって?

 

断れないんだよ。

 

飲み会って社会人の間では断りずらい空気感ありませんか?会社が違えば全然違うと思うけど、断りやすい飲み会って少ないと思います。

 

その度にライフがゼロになる。

 

まー復活するまでに3日はかかりますね。ほんとコミュ障な自分を恨みたくなるよ。めんどくさい性格っていうかなんというか、めっちゃ損してる気分になる。

 

人が怖いっていうか自分がどう思われているかかが怖いという事

色んな場面を思い出しながら記事を書いていましたが、結局人が怖いってより、相手にどんな自分に映るか、に対して恐怖感を覚えるケースが多いと思いました。

 

要するに自己評価が低いんです。これはある程度成功しても治らないと思います。

結局成功しても上には上がいますからね。

 

まだまだ自分はダメだな、ってなります。もっと自分ベースで物事を捉えなくてはならなくて、他人の基準で物事を判断してたらいつまでたっても満足出来ないんですよね。

 

少しでも自分が成長すれば褒めてやればいいし、周りはもっと凄いからって自分はまだまだなんて思っちゃダメなんだなって思いました。

 

頭でわかっても深層心理レベルでその感情に持って行くのは相当な時間がかかると思います。少しづつ自分の頭に付いている重りを減らして、軽くして行くしか無いですよね。

 

その努力は必要だと思います。

 

コミュニケーションはよく場数を踏めって言われているから、僕も少しづつアプローチを仕掛けたいと思ってはいます。

 

実行に移すのは実際怖いですけどねw

 

でも、もし”人が怖い”っていう感情がなくなれば、そのメリットは計り知れなです。もう想像を絶するほどの効果があると思います。

 

だって人が怖く無いんですよ?めっちゃ楽じゃね?

 

怖いものが世の中から全部なくなるよ。マリオのスター状態が一生続く感じ。

 

多分ここまで読んでくれた方はコミュ障だと思うから、言わせてもらうけど。

 

お互い頑張らね?

 

無理しない程度にね。心が潰れない程度にね。周りの基準じゃなくて、自分の基準で進めばいいんだよ。

 

褒めてやろうよ自分を。

 

まとめ

 

本当にまとまりのない記事になってしまいました。

ただに自己満記事ですがここまで読んでくれてありがとうございます。

多分コミュ障の人ならめちゃくちゃ仲良くなれそうだよ。

 

まとめも意味分かんない感じになりましたが、少しずつでも自分の人生を進めるよう努力しましょう。自分の基準でね。

 

まー無理すんなって。

 

 

 

 

 

社会人三年目の「コミュ障」が2度の転職をするまでの話

こんばんわ、社会人三年目のまーそんです。

 

社会人になって気づいたんだけど「俺コミュ障なんだ」って最近つくづく思うんですね。学生の頃は普通だったのに、社会人になってから友達との連絡も減って、家にいる時間が長くなってる。

 

昔からコミュニケーション得意じゃなかったけど、社会人なるとそれが表面化しちゃう訳です。

 

これを読んでるコミュ障のあなたに、こんなコミュ障もいるんだと思ってもらえればいいと思ってます。

 

 

コミュ障を実感し始めた年齢

「コミュ障」という言葉が流行り始めたのはいつ頃からんですかね?

気づいた頃には当たり前のように使われていますけど、この言葉が流行ったから「自分はコミュ障かもしれない」と思った方もいるんじゃないでしょか。

 

ちなみに僕もその一人です。

 

はじめにコミュニケーションが苦手だと感じたのは小学5年生だったと思います。

 

小学生だったのと、「コミュ障」という言葉が一般的では無かった、もしくわ僕が知らなかっただけなのかもしれませんが、そこまで意識してなかったです。

 

今から考えるとあの時からコミュ障だったんだな、って思っています。

 

原因は多分「イジメ」です。壮絶なイジメではなく、やってる相手からしたら暇つぶしがてらイジメた、くらいの感覚だったっと思います。

 

当然やられてる側からしたら毎日が恐怖ですよww

 

それから周りの目を以上に気にするようになってしまったんです。

 

大学を卒業するまでの間

中学校って小学校と学区が同じで、人の入れ替わりがそんなにないから、当然いじめていた人たちも同じ中学校でした。

 

こいつまたイジメられるじゃん。と思いました?

 

実はその逆でめちゃめちゃ仲良くなりましたww

 

小学6年生に上がる頃にはイジメもなくなって、普通の楽しい学校生活を送ってました。その流れで、なぜかイジメっこと仲良くなるという偉業を成し遂げたんです。

 

さらに、学校で可愛い子ランキングTOP10に入るような子と付き合うこともできてるんですね、、、(今でもその子が夢に出てくるw)

 

周りから見ればごく普通の元気な中学生にしか見えなかったでしょうね。

 

でも内心では得体の知れない居心地の悪さがずっとあったんです。

 

高校・大学に上がっていくにつれて、そんな感覚が続き、コミュニケーションの幅は徐々に狭くなって行きました。

 

自己肯定感が低いので、友達と話してる時も、「何か面白いこと言わなきゃ」とか、「ダメな奴と思われないようにしなきゃ」と細心の注意を払って生きていました。

 

学生というコミュニティがある以上は、友達も出来ましたし、彼女も出来ています。周りから見たら、これまた「普通の奴」だったと思いますね。

 

内心はメンタルボロボロですけどねw

 

意外とそういう人って多いと思います。本当に素の自分で振舞える人もいるけど、そうじゃない人も居るって事は忘れないで欲しいですね。

 

会社に入社してから

こっから本格的にコミュ障が人の目に触れるようになったと思います。

 

会社では上司や先輩とか、とにかく気を使いますよね。

特に上司は自分を評価する存在ですから、その目が異常に気になってしまっていました。

 

学生時代と同じように、環境に合わせた振る舞いをしようとして、あたかも仕事ができる奴を演じていました。めっちゃしんどくても仕事は断らないし、フルスロットルで毎日仕事してました。

 

それも自己肯定感の低さから、ダメな奴と思われない為にです。

 

これ、ほんと良くないですよね。

 

この時点で僕は、「自分の人生」じゃなく、「他人の人生」を生きていました。

 

人と話す時に相手の評価ばかりを気にして、自己開示を一切しなくなってしまったんですね。

 

そんな自分が嫌で、一人で居る時も余計な事ばっか考えてしまう。

 

これが負の連鎖となって、人と関わるのが嫌になったんです。

 

そして、今現在、学生時代の友達からの連絡も一切返してないです。

 

1年目で転職をした

仕事を頑張っていたこともあって、1年目である程度の仕事を任せてもらえるようになり、仕事自体は好きでした(人と関わる事は最小限にしてました)。

 

でも周りはやる気がない人が多く、もっと自分の力を出せるところに行きたいと思って転職したんですね。

 

そしたら、会社で評判の最悪の上司に当たってしまいまいした

 

まー最初は期待に答えなくてはいけないと思って必死にやったけど、自分の能力よりも高い仕事を振られて、キャパオーバーです。

 

常に仕事に追われて、自分では出来ない仕事を綱渡りの様にこなし、いつ問題が起きるかと不安で押し潰されそうでした。

 

仕事の質を落としてもらう様に、上司に相談しましたが、社会人として甘いじゃないか?てきな事を言われ、あしらわれるんですよね。

 

そっからは不眠症になり、疲れ切った状態で仕事の効率も悪くなってさらに追い詰められました。

 

 

そしてついに会社にいけなくなったんです。

 

出来ない仕事の納期とか、よく理解出来ていない会議の進行役とか、そのプレッシャーで、家を出れませんでした。

 

精神科に行って適当な理由をつけて1ヶ月間の休養をもらい、その会社は辞めました。

今はまた転職をして他の会社で働いています。

 

2度目の転職

今は3社目で働いていて、前の会社が嘘のように楽です。

 

業界が同じでも、会社が違うだけでこんなに違うものかと呆れますよw

 

 

僕と同族の「コミュ障」のみなさん、職場を見直すのも大事ですよ?

 

仕事は自分の性格に合う合わないがあります。業界が同じでも、会社によって仕事の進め方はめっちゃ違うし、何より空気感が全然違います。

 

僕みたいに、潰れる前に転職を考えるのが大切です。

 

経験しないと分からなかったですが、転職なんて案外余裕なんですよね。面接なんてきれいごとを並べていれば大丈夫です。

 

面接なんかじゃ人柄を見抜けないですからね。

 

 

まー結局言いたい事は無理すんなよ!って事です。

 

無理だと思ったら仕事なんて辞めてやりましょう。最悪バイトでも生きていけますし、ネットが発展しているこの時代稼ぎ方がいっぱいあります。

 

会社に見捨てられたら、人生終わるなんて勘違いですよ!こっちから会社を見捨ててやるくらいの気持ちでいないと、もたないですよ。

 

コミュ障である自分を受け入れつつある

割と大変な人生でしたが、今思うのは結局自分の受け取り方次第。

 

あなたにとって「最悪な事」でも、他の人からすると「なんでもない事」だったりします。結局考え方次第でどうにでもなるんですよ。

 

今の僕は仕事で無理をしてませんし、めっちゃ楽観的に物事を考えることが出来ています。「コミュ障」であることも受け入れて、ダメな奴って思われてもいいや、てきなスタンスです。

 

自分に期待しすぎると、自分を見失います。見失っている間は自分のやりたい事もわからないし、行動にも移せないです。

 

僕は1回潰れて、2回の転職を得てやっとそのことに気づきました。

 

自分で何かアクションを起こして環境を変えることが大切なのかもしれません。

 

僕の書いた文章では、あなたの辛い状況を変える力はありません。あなたが経験することでしか現状を変える事は出来ません。

 

背中を少しでも押せればいいと思っています。

 

最後に

 

もう一度言わせて下さい。

 

無理だけはすんな!

 

とにかくこれに尽きます。無理して頑張るんじゃなく、無理せずに頑張れること=好きな事を見つけて下さい。

 

そして失敗は、後から大きな自信になります。失敗を恐れないで下さい。正直失敗をせずに自分を変えるのは深田恭子と付き合うくらい難しいです

 

あの深田恭子とあなたは付き合えますか?

 

まー無理ですよw

 

それくら、自分を変えるのは大変な事だと思います(個人の感想)。

 

あなたと同じ境遇にいる人は、多くいますのでそこは安心して下さい。ネガティブな事は表面化しずらいですからね。

 

 

 

無理すんなって。